2009年03月10日

ゴルゴ13 47話「夜は消えず」

ゴルゴがどこかの町に保養?に来たところからスタート。



この町の町長の結婚3周年パーティーがゴルゴの泊まっている

ホテルのバーで開かれていた。

町長の奥さんがゴルゴを見て怯えだした。

以前ゴルゴとどこかで会っているようだ。

気分が悪いといって家に帰る途中、町長と何か深刻に話していた。

町長は私に任せておけといって誰かに電話をし、

パーティーに戻った。

町長と奥さんがいったい何に怯えているのかはまだわからない

状態です。ただ奥さんは「なんとしてもあの夜から逃げなければ。」

そういっていました。



町長は3人組の男にゴルゴをこの町から追い出すよう

依頼したようだ。男の1人がゴルゴの部屋に行き、

仲間のいるところに連れ出した。銃を向けても怯まないゴルゴを

ど素人といった。どうやらゴルゴの素性は知らないようだ。

男は「この町から出て行き、二度と来るな」という。

断ったゴルゴに殴りかかってきたが、一撃で倒す。

残った2人が銃を撃ってきたが、ゴルゴはそれをかわし、

1人は眉間を撃たれ死亡。もう1人は手を撃たれる。

そして依頼人のところに連れて行かせる。

その様子を遠くから見ている男がいた。



町長のところにたどり着いたゴルゴ。

自分を狙った理由を尋ねる。

自分達に用があってこの町に来たのだろうという町長。

だがゴルゴにはまったく覚えがない。

妻を覚えていないのかと町長は言う。

ゴルゴはその女を見て思い出した。

かつて女は人を殺し、ゴルゴをアリバイ作りり利用したことを。



町長は妻の過去ついて何者かに脅されていた。

そこにゴルゴが来たので、脅迫したのはゴルゴだと

思い込んでしまったのだ。

ゴルゴはどちらが男達を雇ったのか尋ねる。

町長は自分だという。

だがゴルゴは女を見てもう1度言う。

ゴルゴは女の方を疑っているようだ。

だがゴルゴは2度と自分にかまうなということを条件に

今回のことは不問にした。



本来ならここで終わりなのだが、

実は女の方も殺し屋を雇っていたのだ。

女は夫の静止を振り切って、殺し屋の車に乗る。

そして、今回の依頼をキャンセルしたいという。

だが、殺し屋はそれを拒む。

ターゲットがゴルゴだとわかったときから、

仕事を抜きにしてでもゴルゴを殺したいと考えていたのだ。

殺し屋は車の運転をしたままゴルゴに発砲する。

しかし、結局ゴルゴにやられてしまった。

車はそのまま壁にぶつかり女も死んでしまった。



次回、「黒い瞳 EBONY EYES」

ゴルゴの子供らしき少年が出るようです。
posted by ジルオル at 19:19| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第22話「未来のために」

前回の続き、ダブルオーVSスサノオ

刹那、白羽取りでブシドーの剣を折り、ビームサーベルで

スサノオの両腕を破壊する。

刹那の勝利。

だが、刹那は止めを刺さず、「生きるために戦え」

そういって立ち去る。

リジェネ「純粋種として覚醒したか、それは人類の命運を握る力だ」

といった。このことから刹那は完全なイノベイターになったようだ。



刹那はトレミーと合流。王留美から預かった暗号を解析した結果、

ヴェーダは月の裏側にあることがわかった。

ここで新装備を持ったミレイナママが合流。



アロウズは大軍隊でソレスタルビーイング殲滅作戦を実行の模様。

だがイノベイターとルイス、アンドレアが艦隊から離れていく。

リボンズからの帰還命令のようだ。

ですがなぜアンドレアまで?たぶん勝手にくっついて

来ているんでしょうが、目障りです。



ミレイナママはOガンダムまで持って来ていました。

誰が乗るんでしょうか?

アロウズ艦隊が月の裏側を守るように陣形をしていることから

王留美の情報は正しいと確信するティエリアたち。

最終決戦の前に皆で決意を話し合う。

刹那「俺達は未来のために戦うんだ。」

刹那すっかりリーダーですね。

かっこよすぎます。

マリナ姫も出てきます。

刹那のことを気にしているようだ。

カタロンもライルからの情報でソレスタルビーイングの

援護に行くようです。



リボンズは「刹那か自分達か、そのどちらかが世界の行く末を決める

      それでいい。」

といっていますが、それは人類の誰かがイノベイターになるのを

待っていて、それが現れたから自分達がやられてもいいということ

なのでしょうか?ですがただではやられるつもりはないようです。

リボンズの後ろには量産型のイノベイター?がいました。



ミスターブシドーは「武士道とは死ぬことと死ぬことと見つけたり」

そういって自ら命を絶とうとしていますが、刹那の言葉を思い出し、

躊躇します。刹那とブシドーはもう1度戦うかな?

戦闘準備の時、フェルトが刹那に花を上げます。

そして「死なないで」と刹那は「了解」と答える。



戦闘が開始された。

新装備のおかげもあり、順調に敵を倒していく。

しかし、アロウズはアンチフィールドを使ってきた。

これを使われるとビーム兵器が使えなくなる。

そのため、一気にピンチに陥るが、そこでカタロンが現れ、

ソレスタルビーイングを援護してくれる。

さらにクーデター派に加わったマネキンさんの登場。

不死身のコーラサワーもかっこよく再登場です。

マネキンさんとグッドマンの戦闘をしているうちに

トレミーがアンチフィールドを突破。

ダブルオーの粒子ビームでグッドマンは死亡しました。

グッドマンさんの最後は予想通りとても見苦しかったです。



リジェネがリボンズから離反。

リボンズを撃ち殺してしまった。これでリボンズ終わり?

では無いと思うのですが。影武者ですかね。

いままでほとんど見せ場のなかったリジェネですが、

最終回直前の見せ場なのですからハデに散ってほしいです。



次回、「命の華」

イノベイターの大型母艦が出るようです。

最終回まであと3回
posted by ジルオル at 22:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(72) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

鉄のラインバレル 21話「鬼を喰らうモノ」

最初に感想を言わせていただくと、

「なんじゃこりゃー」でした。



ラインバレルVSヴァーダント

ラインバレルモードBで戦いますが、

動きを読まれていて追い込まれていきます。

森次玲二は浩一を挑発して自分に向かってくるように仕向けますが、

自分の攻撃は致命傷を避けるような攻撃ばかりしていきます。

山下君はその戦い方に疑問を持ちます。

そしてラインバレルの攻撃がどんどん激しくなっていき、

ラインバレルの機体が光り輝き始めます。

そしてついにヴァーダントの腕を切り落とします。

そのとき、森次は山下君に今のデータを取ったかといいます。

どうやら森次の目的はラインバレルの真の力を出させることに

あったようです。

そこに加藤久嵩が現れ、向こう側の軍勢がまもなく来ると

宣言し、JUDAと加藤機関の共同戦線を提案します。

困惑する一同。



JUDAと加藤機関の面々が一同に集まります。

加藤は加藤機関の真の目的を話し始めます。

それは向こう側の侵略を阻止することにありました。

あちら側の軍勢を永遠に次元の狭間に閉じ込めてしまうと。

そのためにはJUDAとラインバレルの力が必要不可欠と。

社長のホログラムは今は向こう側の軍勢に戦力を集中するべきと。

浩一は他に方法がないと考え、提案を受けます。



森次が社長を殺したのは、フラッグを起動させるためでした。

誰かだ肉体を捨てフラッグと融合しなければならなかったようです。

社長もそのことをわかっていて殺されたとのことでした。



そしてあちら側の軍勢が攻めてきた。



次回、「死に方が決める生き方」

誰か死ぬんでしょうか?

美海には生き残って欲しいです。
posted by ジルオル at 08:32| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(33) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。