2009年03月14日

鉄のラインバレル 21話「死に方が決める生き方」

ついに向こう側の軍勢が攻めてきた。

世界の全てが協力して戦うことになった。

シャングリラはフラッグと合体し、真シャングリラになった。

地球をまるごとシールドで覆う。



作戦は順調に進むが、菅原マサキのグラン・ネイドルが道を阻む。

加藤久嵩が裏切ることは予測済みだったようだ。

シャングリラは攻撃を受け、フラッグを切り離す。

加藤久嵩は浩一に後はまかせるといって、特攻を仕掛け爆発。

加藤久嵩は死んだ。

最後までかっこよかったです。



フラッグも爆発、浩一は城崎絵美をラインバレルに乗せる。

レイチェル達も無事脱出。

ラインバレルとヴァーダントの2期でポイントヘリオスに突撃。

他のメンバーは地上に降りて防衛部隊の支援。



地上では浩一の妹、美菜たちも敵に捕まって妙な物体になっていく。

理沙子も捕まりそうになったが、ジャックに助けられる。

敵の数が多すぎて、地上部隊は追い詰められていく。

そのころラインバレルの前にグラン・ネイルの本体ネイキッドに

乗った菅原マサキが現れる。菅原マサキもマキナ人間だった。

菅原マサキは浩一に「お前達は勝てない、降伏しろ」という。

そのあともごちゃごちゃと菅原マサキはいいますが、浩一は、

「俺は守りたいから守るんだ。その方がかっこいいだろ」

その言葉に戦意を喪失しかけていた仲間達も奮い立つ。

だが、菅原マサキは「お前の守ろうとするものを消し去ってやろう」

そういって城崎絵美を攻撃する。

血まみれになって倒れる城崎絵美。

放心する浩一。

菅原マサキ「想像以上にもろかったな。」といった。

それに対し城崎絵美は「現実はあなたの想像を凌駕する。」と返す。

城崎絵美は最後に浩一に

「早瀬君、本当の正義の味方になってください。」

そういって倒れる。

公式サイトでは死んだとなっていました。

ヒロインが死んでしまいました。

本当に死んじゃったんでしょうか?

生き返るとかしないんでしょうか?




泣き叫ぶ浩一。

そのとき、ラインバレルが赤く輝きだす。

ラインバレルが真の姿を見せた。



次回、「鋼鉄の華」

最終回です。
posted by ジルオル at 09:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(33) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。