2009年03月08日

機動戦士ガンダム00 2nd Season 第22話「未来のために」

前回の続き、ダブルオーVSスサノオ

刹那、白羽取りでブシドーの剣を折り、ビームサーベルで

スサノオの両腕を破壊する。

刹那の勝利。

だが、刹那は止めを刺さず、「生きるために戦え」

そういって立ち去る。

リジェネ「純粋種として覚醒したか、それは人類の命運を握る力だ」

といった。このことから刹那は完全なイノベイターになったようだ。



刹那はトレミーと合流。王留美から預かった暗号を解析した結果、

ヴェーダは月の裏側にあることがわかった。

ここで新装備を持ったミレイナママが合流。



アロウズは大軍隊でソレスタルビーイング殲滅作戦を実行の模様。

だがイノベイターとルイス、アンドレアが艦隊から離れていく。

リボンズからの帰還命令のようだ。

ですがなぜアンドレアまで?たぶん勝手にくっついて

来ているんでしょうが、目障りです。



ミレイナママはOガンダムまで持って来ていました。

誰が乗るんでしょうか?

アロウズ艦隊が月の裏側を守るように陣形をしていることから

王留美の情報は正しいと確信するティエリアたち。

最終決戦の前に皆で決意を話し合う。

刹那「俺達は未来のために戦うんだ。」

刹那すっかりリーダーですね。

かっこよすぎます。

マリナ姫も出てきます。

刹那のことを気にしているようだ。

カタロンもライルからの情報でソレスタルビーイングの

援護に行くようです。



リボンズは「刹那か自分達か、そのどちらかが世界の行く末を決める

      それでいい。」

といっていますが、それは人類の誰かがイノベイターになるのを

待っていて、それが現れたから自分達がやられてもいいということ

なのでしょうか?ですがただではやられるつもりはないようです。

リボンズの後ろには量産型のイノベイター?がいました。



ミスターブシドーは「武士道とは死ぬことと死ぬことと見つけたり」

そういって自ら命を絶とうとしていますが、刹那の言葉を思い出し、

躊躇します。刹那とブシドーはもう1度戦うかな?

戦闘準備の時、フェルトが刹那に花を上げます。

そして「死なないで」と刹那は「了解」と答える。



戦闘が開始された。

新装備のおかげもあり、順調に敵を倒していく。

しかし、アロウズはアンチフィールドを使ってきた。

これを使われるとビーム兵器が使えなくなる。

そのため、一気にピンチに陥るが、そこでカタロンが現れ、

ソレスタルビーイングを援護してくれる。

さらにクーデター派に加わったマネキンさんの登場。

不死身のコーラサワーもかっこよく再登場です。

マネキンさんとグッドマンの戦闘をしているうちに

トレミーがアンチフィールドを突破。

ダブルオーの粒子ビームでグッドマンは死亡しました。

グッドマンさんの最後は予想通りとても見苦しかったです。



リジェネがリボンズから離反。

リボンズを撃ち殺してしまった。これでリボンズ終わり?

では無いと思うのですが。影武者ですかね。

いままでほとんど見せ場のなかったリジェネですが、

最終回直前の見せ場なのですからハデに散ってほしいです。



次回、「命の華」

イノベイターの大型母艦が出るようです。

最終回まであと3回
posted by ジルオル at 22:10| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(72) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。