2009年02月22日

ゴルゴ13 45話 「36000秒分の1秒」

今回の仕事はかなり難易度が高いようだ。

場所は刑務所、ターゲットは受刑者。

狙撃するには、鉄の回転扉とその奥のスライド式の扉が同時に開き、

さらに独房の小窓にターゲットが顔を出さなければならない。

その3つの条件を同時に満たしたときが、

唯一の狙撃のチャンスなのである。

回転扉は1日何回も開くが、スライド式の扉は1日数回しか開かない。

独房への通路は看守と接見の弁護士しか通ることができない。



このターゲットには伝説的なテロリストのようだ。

依頼者は特別列車で旅行中に無差別テロの巻き添えになり、

妻と娘を失い、自分も満足に動けない体になってしまった。

その復讐を自分が生きているうちにやって欲しいとのこと。



ゴルゴは一瞬の狙撃のチャンスを待つため、じっと同じ体勢で

銃を構えていた。だが、いかにゴルゴでも何時間も同じ体勢で

銃を構えていたら筋肉が硬直してしまい、

肝心なときに銃が撃てない。

そこでゴルゴはある男に筋力弛緩を促す薬品を作らせる。

この薬品は使うと瞬発力を失ってしまう。

そうなれば狙撃のチャンスがきても、銃が撃てないかもしれない。

ゴルゴは狙撃のとき手に電流を流し刺激を与えて指を動くようにして

狙撃した。狙撃は見事成功。



仕事の後、薬品を作った男にマッサージをしてもらう約束をしていた

ので、向かったゴルゴだったが、やはり罠であった。

ゴルゴを殺そうと企んでいたのだ。

10時間同じ体勢でいたゴルゴはまともに動けず、

吹っ飛ばされてしまう。

だが、ゴルゴもそれを予想していたらしく、武器を用意していた。

男が銃を向けたとき、ゴルゴは隠していた武器男を殺し、

建物に火をつけた。

さすがゴルゴ。用心深さはすごいとしか言いようがないです。


よろしければ、下のURLクリックしてください。

http://www.gendama.jp/invitation.php?frid=2178911


http://www.infotop.jp/click.php?aid=129115&iid=9904
posted by ジルオル at 08:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

鉄のラインバレル 20話「運命の男(ひと)」

まず、今感想を一言

美海さんサイコーです。

最初は、美海さんの調子が落ちているところから。

戦力外とされてしまいます。

悔しさからか特訓を始めます。



シズナとイズナは国連に諜報活動に行きましたが、

攻撃を受けて退却を余儀なくされました。



みんなでティータイム(城崎絵美さんはプロジェクトJUDAの解析中)

理沙子さんがお菓子を作りました。

みんなベタほめですけど、浩一は食うのに夢中。

城崎さんの記憶も少しづつ戻っているそうです。

これからのことを話していましたが、

浩一君が的外れなことをいったことから

みんなからダメ人間のように言われてしまいます。

そこを美海さんがフォローしてくれました。

みんなの前で浩一のことをかっこいいとか言ってしまい、

ハズカシさで立ち去ってしまいます。

(また来週って何のことだろ?)



ハードな訓練で倒れてしまった美海を浩一が介抱します。

浩一のやさしさに美海は無意識にキスをしてしまいます。



双子がハワイで加藤機関の攻撃を受けたとの連絡が入り、

浩一、美海の2人で助けに行きます。

敵は中島宗美とユリアンヌ、そして国連のアルマです。

美海は調子を落としたままなので敵にやられてしまいます。

それを助けに入ろうとした浩一もピンチになります。

そこで美海は自分の命をかけて浩一を助けようとします。

敵と刺し違えようとしたそのとき、

ラインバレルがモードBになります。

城崎さんの認証なしになりました。

そこからはメチャクチャ強かったです。

ユリアンヌを剣で切り、宗美を真っ二つにしました。



浩一に救われた美海は再び浩一にキスをし、

「私ももう一度正義の味方目指そうかな」

といって笑っていました。



最後、山下君がみんなに謝っていましたが、どうしたんでしょうか?

気になります。



次回、「狂気の翼」

なんか物騒なタイトルですけど、楽しみです。

余談ですが、予告で城崎さんのサイテーは今回ありませんでした。



よろしければ、下のURLクリックしてください。

http://www.gendama.jp/invitation.php?frid=2178911


http://www.infotop.jp/click.php?aid=129115&iid=9904
posted by ジルオル at 05:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(37) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜 7話 「常春の館」

ジルたちは館(やかた)を発見。

そこには死んだはずのアーメイとカリーがの姿が。

一同はそれに驚く。(当然か)



一休みした後、塔の上に行くため鍵を探す。

探している途中でなぜか昔の持ち物を見つける。

ウトゥが鍵を見つけるも懐に隠してしまう。



どうやらここは二度と会えないけど、

会いたい人と会うための場所らしい。

ウラーゴンは誰とも会えなかったようだ。

だが、ピンクの髪の化け物にマントをかけてやる。(意外な一面)



夕食のとき、ジル以外のみんなここにしばらくいたいと言い出す。

このままだとしばらくここにいることになってしまうな、

そう思った瞬間、化け物3人組みが館を襲ってきた。

へナロが奴らを制御しようとするができない。

へナロはグレミカたちスーマール派の仲間らしい。

巻き込まれたのかと思ったけど、ジルたちといっしょにいるのは

作戦か?(へナロは実は女だったらしい)

カリーがピンクの髪にみんなを守ってくれとお願いする。



化け物3人と闘おうというが、ジルは先に行こうという。

ずっとここにいてはカーヤにもニーバにも

アーメイにも追いつけないという。

さすが主人公、かっこよくまとめてくれます。

その後、ウトゥが鍵を出します。

彼はカリーに会えたのが嬉しくて、しばらくここに

いたかったようだ。

ウトゥいい奴だ。



アーメイからカーヤを助けてやって欲しいと頼まれ、

決意も新たに塔の上を目指す。

ピンクの髪の女は仲間の3人を闘うが返り討ちになってしまう。

ウラーゴンが背負って先に進む。



次回、「ふたりはかつて」

ジルはニーバと対面する。



よろしければ、下のURLクリックしてください。

http://www.gendama.jp/invitation.php?frid=2178911


http://www.infotop.jp/click.php?aid=129115&iid=9904
posted by ジルオル at 00:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(13) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。